年齢や性別によって多くの種類があるうつ病|薬や精神療法で治せる病

男性

女性はうつのリスクが高い

女性

男女によってうつ病に罹るリスクは異なるものです。特にうつ病になりやすいのが女性であり、男性に比べてのリスクはなんと2~3倍にもなるともいわれています。女性がうつ病になりやすい理由は、ホルモンによる影響を強く受けるからです。女性は思春期になると女性ホルモン量が一気に増加し、それに伴い精神的にも不安定となるため、心に大きな負荷が与えられます。そもそもホルモンは脳内の受容体に結合する神経伝達物質の一種です。神経伝達物質の量により、人の精神活動や心身のバランスが大きく変化してしまいます。女性ホルモン量が一気に増えれば、その分精神状態の不安定となり、うつ症状のような徴候も見られるようになるのです。うつ病の種類として挙げられるこの女性型うつは、思春期の女性だけでなく、多くの年代で見られます。思春期を過ぎた頃には女性ホルモン量も一定に保たれるようになりますが、月経が終わりを迎えると今度は逆に女性ホルモン量が急激に低下します。いわゆる更年期障害であり、うつ病を罹患させる原因となるため、若い女性や更年期にさしかかる女性は注意しましょう。

うつ病の種類の一つにも数えられる女性型うつは、ホルモンによる影響以外にも、産後に訪れるうつも挙げられます。産後うつは、子育てによる不安感や負担によって発症するうつです。子育てはいってみれば人一人を立派に育て上げるということです。初めて出産・育児を行なうという人であれば、その重圧も非常に強いため、自信のなさが心に大きな負担を与え、うつ症状が発症してしまうのです。また、うつの種類の一つである産後うつは、子供への愛情が裏返しとなり大きなストレスとなることもあります。子供を立派に育てたいという気持ちが大きすぎてしまい、理想通りに行かない子育てに不安や苛立ちを覚えて、うつ症状を誘発させてしまうのです。他にも、最近では地域や家族との繋がりが希薄になってしまったことも、子育てにストレスを感じてしまう理由です。一昔前は地域ぐるみで子育てを行なうという意識があったため、子供を育てることに必要以上の重圧を感じる人は少ないものでした。しかし、最近では子育ての負担はすべて奥さんへとのしかかるため、強い精神的負担によりうつ病を発症させてしまうことがあるのです。産後うつなどの女性特有である種類のうつ病は、専門の心療内科で治療が受けられます。女性の医師がカウンセリングを行なってくれるので、安心して通院することができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加