年齢や性別によって多くの種類があるうつ病|薬や精神療法で治せる病

男性

投薬による治療法

頭を抱える人

専門の心療内科などで処方されるうつ病の薬には、多くの種類が存在します。うつ病の症状にあわせ、これらの薬は処方されるのです。軽度のうつ病だと、睡眠導入剤などが処方されることがあります。うつ病による深刻な症状は、交感神経が活発化することでの不眠も挙げられます。きちんと一定の時間眠ることができなければ、脳内のホルモンバランスの乱れるようになるため、意欲の低下や慢性的な疲労感といったうつ病の症状をさらに強くしてしまいます。睡眠導入剤を使用することで、うつ病によって寝付きの悪くなった人でもスムーズに眠れるようになります。睡眠は心身のバランスを整えるために必要な習慣です。うつ病治療薬の種類の一つである睡眠導入剤を用いることで、副作用などの影響もなくうつ病を徐々に改善させることができます。また、心療内科によっては、うつ病初期であればサプリメントなどを処方することもあります。主に処方されるサプリメントの種類としては、トリプトファンや炭酸リチウムなどが挙げられます。トリプトファンは、脳の活発化させるドーパミンやノルアドレナリンなどのホルモンの原料となります。また、炭酸リチウムは気分安定薬の一種としても使用されてきた経緯があり、服用することでうつ症状を和らげることができるのです。

重度のうつ病の場合、より効果の高い抗うつ薬と呼ばれる種類の薬が処方されます。代表的な抗うつ薬といえば、SSRIと三環系抗うつ薬です。SSRIとは、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の再取り込みを阻害する薬です。再取り込みを防止すると聞くと、セロトニンの効果を防いでいるように思えますが、実際は逆です。うつ病となるとこのセロトニンと呼ばれる神経伝達物質の量が少なくなるので、脳の受容体へと結びつくことが難しくなります。神経伝達物質は分泌されたものが全て受容体に結びつくということはなく、分泌されたいくつかの物質は神経細胞に再吸収されてしまうのです。SSRIは、この神経細胞への再吸収をブロックする薬です。吸収されずに残ったセロトニンは、受容体へと結びつきやすくなるため、セロトニン不足によるうつ症状を和らげることができます。他にも、抗うつ薬の種類の一つである三環系抗うつ薬は、SSRIよりも古くから抗うつ薬として使用されてきた薬です。服用することで、SSRIのようにセロトニンやノルアドレナリンといった物質の再吸収をブロックすることができます。こうした三環系抗うつ薬などの種類の抗うつ薬は、SSRIの処方によって効果が得られなかった場合に処方されます。医師は病状や効果、副作用による影響を鑑みながら処方をするので、用法用量を守ってきちんと服用するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加